読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

古めかしいゲームのブログ

ゲームとかの日記・レビューはないです

おさるのかごや、など【ゲームコーナー】

百貨店のゲームコーナー

昔、日曜日になると、よく百貨店につれていってもらった。京成百貨店、伊勢甚百貨店、長崎屋...。

百貨店に行くと、お母さんにお小遣いを貰って、後は別行動。お母さんの買い物が終わるまで、ひとりでゲームコーナーで遊んでいた。

 

先日、初めて川越の丸広百貨店を訪れ、フロアガイドに「わんぱくランド」屋上、とあり、気になったので屋上へ行ってみた。

そこには、懐かしい、昭和を感じるようなゲームコーナーが残っていた。

 

それで、昔の百貨店のゲームコーナーのことを思い出していた。

 

印象深いゲーム

当時、遊んだゲームで、印象深く覚えているのは...

おさるのかごや 

おそらく、覚えているゲームで一番古い。

「おさるのかごや」の音楽とともに、おさるさんが駕籠(かご)を閉めた状態で、エッサホイサとぐるっと歩く。

そして正面で停止した所で、駕籠にだれが乗っているかを当てるゲームだ。

犬か兎か狸の3つの内、1つのボタンを、これだ!と押すと、駕籠の扉が開き答え合わせ。

f:id:esasa:20170226005145g:plain

(今回はウサギさん)

絶対に見えないけれど、必死に駕籠の隙間から誰が乗っているのか見ようと試みていた。

 

はっぴーロボ

高速で動く図柄の内、当たりの絵柄で止まるように、ボタンを押す。

f:id:esasa:20170226014056g:plain

 (当たりの赤い図柄に定め、黄色のボタンを押す!)

以外にもそこそこ当たった記憶がある。当たると筐体の下からおもちゃの入ったカプセルが出てくる。

外れると、いかにもなロボット声で「ザンネン マタドウゾ」と声をかけてくれる。 

 

気球ゲーム(仮)

よく遊んでいたのだが、名前が思い出せない。

モグラたたきに使うようなハンマーでボタンを叩くと、その叩く強さに応じて、気球が上下に動く。叩き加減を絶妙に調整して、指定の高さに合わせる。

その指定の高さには、可愛いプードルが居て、気球でビスケットを届けてあげるようなストーリー設定だったと思う。

こう書くと意味不明…。ネットで引き続き調べてみよう...

 

 

 

百貨店でひとしきり遊び、お母さんの買い物も済むと、その後はファミコンショップへ行き、中古のファミコンソフトを買ってもらうのが大抵の流れだった。

百貨店にお出かけする日曜は本当に夢のような一日だった。