読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

古めかしいゲームのブログ

ゲームとかの日記・レビューはないです

えりかとさとるの夢冒険【FC】

メルヘンチック&ファンシー

ファミコンアドベンチャーゲームが好きだ。

小学生だった当時、「ポートピア連続殺人事件」、「オホーツクに消ゆ」、「山村美紗サスペンス 京都龍の寺殺人事件」、「殺意の階層」といった、推理物・サスペンスなアドベンチャーゲーをプレイしていた。

そんな中、「サラダの国のトマト姫」や「えりかとさとるの夢冒険」といった、ちょっとこれまでプレイしたアドベンチャーゲームと毛色の違う、女子でもとっつきやすいゲームがファミコンで発売された。

特に「えりかさとるの夢冒険」は、メルヘンチックでファンシーな雰囲気が好きだった。

f:id:esasa:20170326235114g:plain

 (一章のシルクハットを被ったクマさん)

 

 ふたりがいい

ゲームはスタート時に「ひとりでやる/ふたりがいい」のどちらかを選ぶことができる。

「ふたりがいい」では、二人同時に操作を行い、二人で協力してミニゲームをクリアする必要がある。

当時、一緒にファミコンを遊んでくれる友達はいないものの、このミニゲームはプレイしたかった...

そのため、自分一人で1P、2Pコントローラーの両方をテーブルに置いて、頑張って同時に操作して遊んでいた。

2章のえりかとさとるを1P、2Pコントローラーで同時に上手く操作して、シカのしんしの影に隠れながら、店に潜入するのがきつかった...

f:id:esasa:20170327014510g:plain

(シカのしんしの影に隠れて、そっとお店に潜入)

 

子供心に怖かったシーン

全体的にはメルヘンチックでファンシーな雰囲気だけど、「なんか怖い…」と感じるシーンが幾つかあった。

 

お地蔵さん

お地蔵さんに頭巾を被せて謎解きするシーン。

ブログをはじめたころ、どうしてもこのシーンを描きたくて既に描いていた。

sasam.hatenablog.com

BGMの怖さと、妙にリアルなお地蔵さんのドット絵が相まって、怖さを感じるのかな... 

 

墓地

軽快なフィールドのBGMが流れる中、墓地内を移動するシーンがある。

そのBGMと墓標が沢山ある画面のミスマッチがなんだか怖かった。

f:id:esasa:20170327022338g:plain

(この中を結構な距離、子供2人で歩く...)

 

占い師さん

ヒントをくれる3日に一度町にやってくる占い師さん。

とにかくビジュアルが怖かった。

f:id:esasa:20170327023842g:plain

 (急に薄暗い街角に占い師さんが現れる...)

 

その他にも、人さらいにあうとか、チンピラに追いかけられるシーンも子供心には怖かった……