読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

古めかしいゲームのブログ

ゲームとかの日記・レビューはないです

ファミコンがはじめて家に来たときのこと

f:id:esasa:20170219224117g:plain

RFスイッチ???

 

お父さんからの電話

当時小学生だったある日曜日、家の黒電話が鳴った。外出中のお父さんからだった。

 

ファミリーコンピューター買うけど、ソフトは何がいいんだ?」という連絡だった、と思う。

 

ファミコンを販売しているお店から電話しているらしく、私は「スパルタンX」と答えた。

 

複数のソフトのタイトルを言われて、ここから選べ、ということだったと思う。

その中には、友達の家で既に遊んだものもあり、せっかくなので、これまで遊んだことがない「スパルタンX」と答えたのだと思う。

 

ファミコンがきたけれど…

夜になって、お父さんが帰宅し、とうとうファミコンが我が家にやってきた。

 

ただ、お母さんから

「今日は遅いから明日にしなさい」

と言われて、その日ははやく遊びたい気持ちを抑え、我慢して寝たと思う。

 

翌日、小学校から急いで帰った。

 

そして、さあファミコンで遊ぶぞー、と思ったものの、

「あれ??どうやったらファミコンってテレビに映るの???」という状態におちいった。

 

友達の家では、カチッとスイッチをスライドさせるとテレビにゲーム画面が映ってた。それしか知らなかった。

 

家に居た、ばあちゃん、じいちゃんに聞いたけれど、ごめんねわからないよ、と。

 

とうぜん、小学生のお姉ちゃんも分からない

 

仕方がないので、お父さんとお母さんが仕事から帰るのを待つことにした。

若干、既にべそをかいていた。

 

結局、お母さんも分からず、最後に頼みのお父さんが帰ってきた。

 

お父さんは、テレビの後ろに周り、数十分何か作業をして…、

ついに、一応できたぞ、とのこと。だけど、やっぱりファミコンは映らない...

 

お父さんは申し訳なさそうに、「ばあさん、明日、石立のおじちゃんに頼んどいて」と言って寝てしまった。

 

(当時のファミコンとテレビを接続するのはちょっと面倒で、ファミコンに同梱されている、絵にも描いたRFスイッチという機器を接続する必要があった。)

 

町の電気屋さん

石立(仮名)のおじちゃんとは、石立鉄男さんにそっくりな、いわゆる町の電気屋さん。

 

家で利用する電化製品は、すべて石立さんの電気屋から購入しており、 

ファミコンの接続の対応等、電化製品の設定や、ちょっとした修理を、サービスで対応してくれていた。

 

ばあちゃんが石立のおじちゃんに電話をして、さっそく来てくれた。

 

ファミコンが家に来てからもう三日目...

遊びたい一心で頭がおかしくなりそうな気がしていた。

 

ササッと作業をし、「どれ、ファミコンつけてみな」とおじちゃんが言うので、テレビの2チャンネルのスイッチを押し、ファミコンの電源を入れると...

 

スパルタンXのタイトルが映った!!

本当にこの瞬間、嬉しかったのを覚えている。

 

石立のおじちゃんは次があるのか、お茶をサッと飲んで颯爽と帰っていった。