読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

古めかしいゲームのブログ

ゲームとかの日記・レビューはないです

セレクション 選ばれし者【GB】

ゲームボーイ

抱き合わせ商法

ゲームボーイが発売になった当時、ゲームボーイ本体はとても人気があり品薄だった。

そんな中、手に入れることができたけれど、ソフト数本とゲームボーイ本体との抱き合わせ販売だった。

 

抱き合わせのソフトは以下のラインナップだった。

テトリス

「海戦ゲーム NAVY BLUE

「ヒーロー集合!! ピンボールパーティー」

「ワールドボーリング」

「セレクション 選ばれし者」

 

『とりあえず「テトリス」が入っているし、これでいいか』と思ってこの抱き合わせのセットを購入した。(親にねだって買ってもらった)

 

テトリス」が目的だったものの、結局一番遊んだのが「セレクション 選ばれし者」だった。

 

アドベンチャー要素たっぷりのRPG

ゲーム画面は、中央左枠にそのシーンが描かれ、左下枠が移動表示。

矢印方向の操作キーを押せば、次の移動先シーンに切り替わっていく。

f:id:esasa:20170223003817g:plain

 (森の中)

 

右下の枠には、「みる」「あける」「たたく」等のアドベンチャーゲームではおなじみのコマンドがある。

各シーンでは、これらのコマンドを駆使した、謎解きも必要。

 

ただ、クリアに必要な謎解きとはまったく関係なく、お店の人に対して「たたく」「あける」などのコマンド選択もできる。

 

この、クリアと関係のないコマンド選択時の反応用テキストが、かなりのボリュームで準備されていて、とっても楽しい。

個人的にはこういった点が、アドベンチャーゲームの一番の楽しみ所だった。

 

そうやって移動していく中で、当然敵が出現し、その敵を倒しながら経験値をためて、主人公を強化しつつ進んでいく。

そして、最終的に、クリアしたはず。

 

ただ、はっきりとストーリーは覚えていない。

なんとなくの記憶だが、一見、木に見えるのは、人間が変えられてしまったもので、そういった呪い的なものを、その国の王子である主人公が解決する冒険だったと思う。

 

そして、この木は元々人間であるので、いろいろと話すこともできるし、「たたく」「あける」も試すことができる...

 

そうなると、やっぱり片っ端からコマンドを試したくなって、で、コマンドで遊びすぎて脱線して、ストーリーの記憶が曖昧なのかも...